読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

YOLO! GOGOLOG!

YOU ONLY LIVE ONCE!〜午后ののびのび趣味ログ〜

恋は盲目!血が騒ぐ三角関係『胸騒ぎの恋人』

こんにちは午后です。

 

ユジク阿佐ヶ谷にて、

リバイバルの『胸騒ぎの恋人』を観てきました!

ユジク阿佐ヶ谷HP:https://yujiku.wordpress.com

 

今公開されている『たかが世界の終わり』の

グザヴィエ・ドラン監督の若かりし頃の作品です。

『胸騒ぎの恋人』では監督、脚本、出演もしている多才さです。

f:id:gogolog:20170219072436j:image

 

フランス語は、セリフが多くなるほど

眠気が襲ってくる不思議…。

ちょっとうとうとっとしてしまいました。

 カナダ映画ではあるんですけど

フランス映画にかなり雰囲気が似てますね。

恋と痴話喧嘩です笑

 

ゲイのフランシス(ドラン)と姉のような友達マリーが、パーティーで一目惚れした美しい青年ニコル。

f:id:gogolog:20170219073735j:image

 ニコル、くるくるの愛らしいくせ毛と横顔とか特にギリシャ神話に出てきそうな鼻筋!美しい!

でも「捕まえられるものなら捕まえてみな〜」とでも言うようなもてあそびっぷり。

笑顔が無邪気で、破壊的可愛らしさなんですけど、それも計算ぽくてずる賢そうなんですよね。

 

フランシスとマリーはニコルの気を引きたいとおしゃれをしたり、待ち伏せしたり。

ニコルから誘いがかかるとお互いに舞い上がって、でもいつも3人で遊ぶことになり、嫉妬ばかり。

 

マリーはどんどん奇抜になっていくし、

フランシスはゲイゆえ内気で、ちょっと優しくされるだけでもときめいてるし…。

お互い、ニコルの気を引きたいが故に、見てるこちらが恥ずかしくなりそうな頑張りをしてるんですよね。

 

そしてニコルに誘われて、

3人でど田舎に行って遊んだ時に

マリーを置いてニコルと楽しむフランシス。

それを目撃したマリーは嫉妬に燃えて

フランシスと取っ組み合いの大げんかを!

 

胸騒ぎどころか血が騒ぐ!  

 

激しく喧嘩をしている2人を淡々と見つめて突っ立っているニコルは、「あーあ、面倒。飽きちゃったよ」とでも言いたげな悪魔的冷酷さ。

きれいな顔して無邪気そうに振舞ってたけど、腹黒いよっ!

 

結局、それ以降、ニコルに距離を置かれ

2人ともきっぱり振られるのですが

傷心した2人はお互いを慰め補完しあい元どおりの親友関係に戻ります。

不毛な恋をして、砂漠化した心はなかなか癒えないのでちょっとやさぐれたようになりますが、また2人は同時に別の美青年に一目惚れし、新しい恋の予感をさせておわり!

 

結局、3人は手軽な恋を楽しみはしたけど、

愛し愛されるという関係にはなれなかった。

恋は盲目。恋は自己中。

そして恋は人をどんどん変えてしまう。

それがよくわかる映画。

 

そしてドラン監督作品に欠かせない"喧嘩"!

どの映画も、ほとんど喧嘩ばかりしてます。

母と子の喧嘩や恋人同士の喧嘩、どの喧嘩も「愛して欲しい」の裏返し。相手を求めてしまうが故の喧嘩です。

ただ、『胸騒ぎの恋人』は、どちらかというと姉弟喧嘩に近い。おもちゃの取り合いのような、ニコルの愛の取り合い。

お互い我がが強くて、愛は欲しいけど、まだ愛を与えることができないほんの子供なんですね…。

ドラン監督作品は、激しい喧嘩に人間らしさが見えてきて面白いです。

 

酒とタバコとパーティとセックスが繰り返される荒んだ若者の恋映画でしたが、

ドラン自身が実際にもゲイであり、

ゲイ視点から見ると恋するだけほとんど不幸に近い気分になって切ないですよね…。

荒削りな作品でしたけど、

複雑で面白い三角関係を楽しめる映画でした!

 

にほんブログ村に参加しました☆

http://www.blogmura.com/

↑バナーの貼り付けかたはまだわからないので

こちらからよろしかったら!

 

 

 

ほとばしる愛がスクリーンから溢れてくる!『たかが世界の終わり』

映画

こんにちは午后です。

 

『たかが世界の終わり』観てきました!

グザヴィエ・ドラン監督作品の中で

群を抜く過激な会話劇でした。

一方、一緒に見にきてた人は隣でよく寝てました笑

「目が覚めても言い合いばっかしてたね。」と。

よーく寝息が聞こえてましたよ…。

 

以下ネタバレあります↓

 

「結局どういう映画だったの?」

 

『たかが世界の終わり』は、一言ではいえないあらゆる要素が含まれていると思いました…。

観る人を選ぶ、というかなかなか難しく深い。

 

口喧嘩ばかりしてたけど、そこじゃないところが映画の言いたいところであり、

 

簡単に表すならフライヤーに書いてある言葉、

「愛されたい、愛されたい、嫌われても、愛されたい」

「溢れるほどの愛が、手のひらからこぼれていく。」

「理解できない、でも愛してる」

「愛が終わることに比べれば、たかが世界の終わりなんて。」

f:id:gogolog:20170215213837j:image

みんな切実に、愛されたかったんですね。

 

まず前提に、

「もうすぐ死ぬ」ことを伝えるために12年ぶりに帰郷することとなった主人公ルイがいます。

 

しかしルイは、家族の中で1番寡黙であり、ギリギリまでそのことを言い出せない。

 

主人公ルイの母マルティーヌと、兄アントワーヌ、妹のシュザンヌと、兄の妻カトリーヌは、ルイの帰郷を家で待ち、迎え入れるも、

あらゆる場面で彼ら同士の口論はやみません。

 

本気の口論は全て感情の発露、悲しみ、憎しみ、妬み、怒り、

それぞれがもつ愛の渇望からくる感情をとにかくルイにぶつけます。

そして家族同士でも容赦なく言い合います。

 f:id:gogolog:20170215214328j:image

とにかくルイの、愛がほしかったから。

そしてお互いに愛されたかったから。

そのために自分から他者を愛し尊重することができない家族になってしまったんですね。

 

でもこれだけ、口論を重ねれば

最後に涙涙の和解があるのかな…

と思いきやそうはいかない!

最後までぶつかり合い!感情がほとばしって止まらない!

 

しかしながら、最後の口論だけは

他の場面とぐっと質も違います。

カメラワークも微妙に違ってるようで、

あっ、と驚きました。

 

ところで、ルイは自分の死について家族に打ち明けられたの?

 

これによってかなり結末の見方が変わるな〜と思いました。

結構迷いますね。

 

映画の表面的には言ってないんですけど、

最後の口論の前にもしかしたら何かあったのではとかなり匂わせてきます。

際どい!だからこそ面白かったです。

 

そして最後にルイは「自分が死ぬ」と伝えることと伝えないことを天秤にかけて選択したんでしょうね。

愛されたい、という全員の感情の裏に

微かながらも自分への愛を感じたんではないでしょうか。

結構やんわりと終わりましたけど、

死にゆく者として残していく家族に何をすべきか、わかった彼は

愛されるよりも愛する為に行動した、のかなぁ、と思いました。

なかなか難しい話ですわ…。

 

 いゃ〜細かなところでもぐっと面白く語れそうです。

食事にほとんど手をつけないのにデザートだけやたら食べてるところとか、

過激な口論をする人ほどタバコを吸いまくってるところとか、

口周辺の扱い方も秀逸。

 

ドランらしい派手な母親とか、

背中から取るところとか、

音楽に乗せてフラッシュバックとか、

ぐっとくるところも多かったですね。

それでいて挑戦的なまた新しい映画を観られました。

 

いつもながらざっくりな感想でしたが、

もう一回くらい観ておきたいな〜!

 

では!

 

にほんブログ村に参加しました☆

http://www.blogmura.com/

↑バナーの貼り付けかたはまだわからないので

こちらからよろしかったら!

 

 

 

 

 

 

新しいパソコンがきたー!TOSHIBAのdynabook!

日常

こんにちは午后です。

 

バレンタインデイでしたね。

今日は出かけず、家でオフにして

パソコンが届くのを待っていました。

 

f:id:gogolog:20170214234524j:image

 

TOSHIBAdynabook T55

2016年冬モデルです。

フルHDで、オフィス搭載、Blu-rayもみえます! 

インテルもはいってる笑

 

そろそろ同シリーズの春モデルがでるので

価格が落ちていくぎりぎりを待って買いました。

お高い買い物でした…。

特に週末はヒヤヒヤして、ならいっそ買ってしまえ!と思い購入。後悔なし!やったー!

f:id:gogolog:20170215000312j:image

以前使っていたパソコンはおそらく14インチで、

テンキーがなかったので今回もそれがよかったんですけど、

14インチ以下はぐんと値が上がるので断念。

 

「テンキーも便利だよ」といわれたので

ちょっとずつ慣れて使いこなしていこうと思います。

それにしても画面大きくて視界に広がるなぁ!

 

そして今回のパソコン選び、本当に勉強になりました。

前回のパソコンは大学推奨のもので、ソフトも準備されてたので全て人頼み、

なので逆に使いこなせてなかったように思います。

 今回はアドバイスをもらいながら絞りました。

フルHDのすごさとか、CPUやスコアの意味とか、メーカーについてとか、いちいち分からなくて聞いてました…。

 

スペックを落として安いものでもいいですけど、やりたいこと、やれることをとことんやれるパソコンが欲しいということでこれに。

まだ、自分にはアクセサリー並みに贅沢なパソコンです。

カメラ機能とかどう使おう…。

 ひとまずみやすいブログを目指そうと思います。

 

にほんブログ村に参加しました☆

http://www.blogmura.com/

↑バナーの貼り付けかたはまだわからないので

こちらからよろしかったら!

 

また積ん読を…鹿島田真希さんとドーキー・アーカイヴとの出会い!

読書

こんにちは午后です。

 

仕事がないので毎日のんびりしてましたが

先日大型本屋に行ってびっくり。

 

新刊が出れば買うと決めていた

鹿島田真希さんが新刊を出していた…!

f:id:gogolog:20170213113709j:image

『少年聖女』河出書房新社

amazon:https://www.amazon.co.jp/少年聖女-鹿島田-真希/dp/4309025005

 

2016年8月に刊行されてました。

知らなかった!

 

前職は辞めるまでの半年くらいは

満足に本も読める状態でなかったので

本屋からも情報からもすっかり遠ざかっていました。

最近、ようやく本屋をぷらぷらチェック程度はしていたんですが、近場の本屋は揃えが悪い。

なので入荷してなかったみたいで…。

 

大型書店で見つけた時は、浦島太郎のような気分になりました。

すぐ買いたかったんですが、気になる傷を見つけてしまいその書店では断念。

 

改めて、出かける用事のついで、

新宿の紀伊国屋書店に寄りました。

 

新宿の紀伊国屋書店も久しぶりだ!

書籍の豊富なので店内が輝いて見え、まるで森林浴に来てマイナンイオンを浴びているようなイキイキした気分になります笑

 

とはいえ、今は引っ越し前の書籍整理を決めていて、余計な本は買えない…。

なので目的の鹿島田真希さん『少年聖女』を見つけたあとは

店内を歩いてめぼしい本の立ち読みとチェック…

 

のつもりがもう一冊輝かしい本を見つけてしまいました。

 f:id:gogolog:20170213113738j:image

シャーリイ・ジャクスンの『鳥の巣』(国書刊行会)!

 

シャーリィ・ジャクスンも大好きです!

『ずっとお城に暮らしてる』なんて何度読んだことか…。

あんまり翻訳されてないようなので2冊しか持ってませんが、なんかごっつい本をみつけてしまった。

 

買ってしまいました。

こんな本は都心まで来ないと出会えない。

 

"ドーキー・アーカイヴ"という、"知られざる傑作"を翻訳するという新しい海外文学シリーズの企画で、冊子によれば

"〈ドーキー・アーカイヴ〉には、未来の読者、つまり我々のために熟成された美酒が揃っています。(中略)口当たりのいい清涼飲料水で満足している読書人は本シリーズで"酩酊する快楽"を知ることになるでしょう。"

HP:http://www.kokusho.co.jp/np/result.html?ser_id=187

 

だからシャーリィ・ジャクスンが翻訳されたのね!

 

また積ん読を増やしてしまった…。

 

ちなみに昨日こんなものも届きました。

『BOOK DARTS』

f:id:gogolog:20170213113749j:image 

ピンと心に響いたページは付箋を貼るか、文庫なら罪悪感を感じつつ端を折るかしていたのですが

最近きになるブログ、みのりさんの記事に出会い

実り多き人生→http://www.minorijinsei.com/entry/BOOK-DARTS-husen

これは使いたい!と思いアマゾンで早速頼みました。

 

あと次の仕事まであと少し。

のびのびできる時間をもっとどんどん使っていくぞ〜!

 

 

にほんブログ村に参加しました☆

http://www.blogmura.com/

↑バナーの貼り付けかたはまだわからないので

こちらからよろしかったら!

 

宮沢賢治をはじめます。寝る前に読みたい『宮沢賢治コレクション』

読書

こんにちは午后です。

f:id:gogolog:20170212155928j:image

筑摩書房より『宮沢賢治コレクション』が始まりました。

正確には2016年12月からですが、毎月配本予定だそう。

 

現代の読者のために気軽に読めるものを、ということで企画されたシリーズ。

参考:紀伊国屋書店の紹介より

https://www.kinokuniya.co.jp/c/20161216160958.html

 

お値段的には気軽ではないんですけれどね笑

 

宮沢賢治はとても好きなんですが、作品の豊富さゆえ、文庫とかだとかぶりや漏れがあり揃えづらく、図書館にある全集に憧れてました。

好きな作家さんの1人、長野まゆみさんが巻末にエッセイを寄稿したということでそれをきっかけに読みはじめてます。

賢治さんとレモン:http://kotorico.exblog.jp/26253739/

 

全集10冊、毎月コツコツと読み進めたいです。

 

f:id:gogolog:20170212160911j:image

何歳になっても、夜にゆっくり読む童話はいいですね。ほっと穏やかになります。

 

 ちなみに2『注文の多い料理店』も購入済。

ああ、積ん読が減らないっ。

 

★今日は渋谷へコーヒーセミナーに参加してきました。〜ひとり暮らしログ"午后のテーブル"↓

http://gogolog.hatenablog.com/entry/2017/02/12/141849

帰りに『たかが世界の終わり』をみたかったのですが満席でおあずけです…泣。

 

にほんブログ村に参加しました☆

http://www.blogmura.com/

↑バナーの貼り付けかたはまだわからないので

こちらからよろしかったら!

 

 

 

王道ラブストーリー『マリアンヌ』にはブラピ以外にも実力者揃いで後で驚いた。

映画

こんにちは午后です。

 

『マリアンヌ』観てきました!

 

 

大好きな『バック・トゥ・ザ・フューチャー』の

ロバート・ゼメキス監督作品ということで、

ちょっと期待が上がりました。

 

そして観て…

 

とてもセクシーな映画でした。

f:id:gogolog:20170211202713j:image

以外少しネタバレ含みます↓ ご注意

 

 

 戦時下の、重要ミッションを抱えたスパイ同士が惹かれあい、愛し合って家庭を持った後、妻にスパイ嫌疑がかかり、どうなってしまうのか、

というザックリとしたあらすじですが(下手ですみません)

 

もうあらゆるシーンから

大人の求めるロマンチックな展開や

運命的な出会いによるラブストーリーのオーラが

ほとばしってました。

 

とても理想的なラブストーリーであり

王道なドラマチックな映画でした。

なんか、正統な映画を見た気分です。

たまにはこういう汚れないわかりやすいな恋物語も悪くない!

スパイ同士ということで、恋愛の障害が国家レベルというのもときめきポイント大きいですね。

そして画面いっぱいのキスシーンとか車内やベッドでいちゃいちゃとか、濃密なシーンも!(PG-12です!)

壁ドンとかカーテンの刑とかようわからん高校生同士のいちゃいちゃモンとは違います笑

 

共同の製作総指揮の

グレアム・キングが『アルゴ』なども作った人と知り

納得したのがセリフの少なさと効果音の使い方。似てるところがありました。
言葉で説明せず演技はもちろん、カメラワークの絶妙さも(特にラストまての車のシーン)感じられました。

実力者揃いの映画だったんだと後で気づきました。

ところで話題のプラピ!

 

老けましたねぇ…笑

 

ファイト・クラブ』あたりから比べると

いっそう老けちゃいましたね。

f:id:gogolog:20170211203837j:image

でも好きですよ、ダンディな姿も。

ただ今回の役で疲れた演技がやつれて見えて、ギリギリくらいな気がしました。

今後は順当に円熟していってほしいです。

 

そして何より、マリアンヌ役の仏女優マリオン・コティヤール
f:id:gogolog:20170211202348j:image

観る前に読んだ雑誌では「今注目の女優!」といった取り上げられ方でしたが、
観た後に、素敵な人だったなぁ、と調べて観たら結構な実力者でいろんな作品に出てる。

ロング・エンゲージメント』や『インセプション』とか、

しかも今一番見たい『たかが世界の終わり』にもいるよう!

 

インテリジェンスなスパイのマリアンヌと

魅惑的な恋するマリアンヌと

愛を持った母親としてのマリアンヌを

瞬間的に演じ分けた彼女の演技は綺麗の一言。

ほんと役者とか覚えが悪く調べも浅いので

いつの間にか知ってたというのがたまにあります。

イケメンギリギリのブラピばっかり取り上げてばかりではダメですよわたしたちは!ということで

早く見に行かないとな、『たかが世界の終わり』も。

 f:id:gogolog:20170211202703j:image

 

では!

 

にほんブログ村に参加しました☆

http://www.blogmura.com/

↑バナーの貼り付けかたはまだわからないので

こちらからよろしかったら!

ニッペグにどはまり。『HOT FUZZ』『THE WORLD'S END』

映画

こんにちは午后です。

 

先日、立て続けに

HOT FUZZ-俺たちスーパーポリスメン!-』と『ワールズエンド 酔っぱらいが世界を救う!』を観て、すっかりニッペグコンビにはまってます。

 

f:id:gogolog:20170210142324j:imagef:id:gogolog:20170210142327j:image

 

ショーン・オブ・ザ・デッド』は結構前に鑑賞してたんですけれども、

エドガー・ライト監督脚本作の3部作だったんですね。

f:id:gogolog:20170210144821j:image

兄貴からDVDを借りれたので

何気な〜く夕飯を食べながら観ました。

 f:id:gogolog:20170210142653j:image

 

ニック・フロストサイモン・ペッグ

これほどまで何度も見たくなるコンビって珍しいです。

もともとお笑いとかコメディはあまり好みでないのですが

この3部作は手放しでオススメしたいし、

ぜひ全部見て欲しいです。

 

シネマトゥデイより:仲良し俳優コンビ、愛の軌跡  https://m.cinematoday.jp/page/A0004990?__ct_ref=https://www.google.co.jp/

 

まず公私で仲良し、ってのがいい。

映画でもお互いのコンビネーションに愛が溢れてる。ってか、演じながらめっちゃ楽しそうなんです。NG集とか観るとますます面白いです!

 

基本役柄もコンビを組んで、

ショーン・オブ・ザ・デッド』では趣味の合う同居人としてゾンビと戦ったり

HOT FUZZ』ではデコボコポリスコンビとしてアクションをからめて巨悪を暴いたり

『ワールズエンド』では酔っぱらいながら宇宙の敵と戦ったり。

ノーマルスペックの適当人間なのになんちゃってで世界を救っちゃうとかぶっ飛んでて楽しいです。

 

観続けて思う、この2人で結婚してくれ!

f:id:gogolog:20170210142646j:image

 

1番好きなのは『ワールズエンド』ですね。

 

2作品まではデブでどうしようもなくアホなキャラとしてのニック・フロスト

『ワールズエンド』ではめちゃくちゃまともなキャラで

さらにデブなのにキレッキレのアクションで驚かせてくる。

なんでもできるデブ、最高にかっこいいではないか!

 

そしてサイモン・ペッグが逆にアル中のトラブルメーカーのダメ男なんですが、それも似合ってる〜。

HOT FUZZ』みたいな堅物真面目キャラもキュンキュンきますけど、

かっこいいやつがバカな方が面白いじゃん。

 

 またのんびりと他の作品観てみよう。

宇宙人ポール』とか面白そう…かな。

 

では!

 

にほんブログ村に参加しました☆

http://www.blogmura.com/

↑バナーの貼り付けかたはまだわからないので

こちらからよろしかったら!